1人で悩まず相談してください

誰でもかかる

うつ病というのは誰にでもかかる可能性があります。では、自分がうつ病かどうか判断するために、うつ病に現れる症状についてお教えします。症状を知って治療に取り組みましょう。

» 詳細はこちら

予防方法

うつ病の症状が現れるには理由があります。ここのページではうつ病になりにくくするための予防法について紹介しています。しっかりと抑えて発症しないように心がけましょう。

» 詳細はこちら

悪化すると

うつ病というのはそのまま放置していると症状が進行してしまいます。当然、進行すると治療も困難になってきますので、早期発見早期治療が大切です。重度のうつ病になったらどうなってしまうのでしょうか。

» 詳細はこちら

治療方法

うつ病の症状によって治療方法は変わります。ただ、基本的に行なわれる治療は同じです。ここでは、どのような治療方法があるのかということについて詳しく紹介しています。

» 詳細はこちら

投薬治療と種類

うつ病の症状を緩和させるために、治療薬が処方されます。ただ、薬には様々な種類があります。ここでは、どのような薬が処方されるのかについてお教えしますので参考にしてください。

» 詳細はこちら

流れ

うつ病のような症状があることから診察をすすめられるという場合、どのような方法で診察をうけることとなるのでしょうか。ここでは、診察の流れについてお教えしていきましょう。

» 詳細はこちら

併発する病気

うつ病患者の約4割が発症していると言われている不安障害。不安障害は発見されていない人も多いので、発見して、一緒に治療を行なう必要があります。ここでは、不安障害についてお教えします。

» 詳細はこちら

知っておきたいこと

昔からうつ病という病気は存在していましたが、以前は老人がかかってしまう病気でした。しかし、最近うつ病の症状を訴えている人に老人は激減しています。その代わりに増加しているのが若年層のうつ病です。小学生から大学生に社会人まで様々な人がうつ病にかかり苦しんでいます。この病気は人によって自覚症状が違い、中には自分がうつ病になったことが信じられないと感じている人もおりますし、うつ病の原因となったであろう場所へ通いたがるような人もいます。
うつ病というのは精神的に問題を抱えているわけでも、元々からそのような素質があったわけでもありません。誰しもが突然かかってしまうことが考えられる病気なのです。うつ病は綺麗に治る人もいますが、何年、何十年と治療にかかる人もいます。中にはよくなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性化している人もおります。このうつ病というものは治療が難しく、その人や周りの人のサポートが必要です。
普通の人にとっては何気ないことでも、正義か悪かでいうと正義だったとしても、うつ病患者の人にとってはNGになることもあります。
十分のその人の背景を理解し、自分を追いつめないで済む様な環境を調える必要があるわけなのです。

うつ病というのは気のせいでもなんでもなく、脳内物質が減少することによって起こる抑うつ状態です。自律神経も一緒に駄目になることもありますし、うつ病だけでなくこれは他の病気を呼び込んでしまう面倒な症状です。だからこそ、うつ病の治療だけを考えるのではなくもっと先や他の弊害のことも考えて治療を進める必要があるのです。
このうつ病には波があります。下に落ちているか上がっているときはまだ良いのですが、丁度うつと正常という気持ちのボーダーラインあたりをウロウロしている時が最も危険だといわれています。
ボーダーラインをうろうろしているときというのは、うつ病患者にとって症状が戻ってきたり、よくなったりと最も感情を揺さぶられる時期です。だからこそ、衝動的に自殺に走ってしまう可能性も上がります。最も下まで気持ちが落ちている場合には、逆に無気力になりますから自殺する気力すら無くしている人が多いのです。
うつ病の症状というのは人によって様々な形で現れます。うつ病なのに饒舌に話す人もいれば、明らかに病んでいるような感じがする人もおります。中には躁うつ病などにかかりハイテンションと落ち込みを繰り返しているような人もいます。
うつになると常識や以前の性格がふきとんでしまうこともあります。以前は明るい人だったのに、昔はしっかりとした子だったのにというのはうつだったり躁だったりすることで簡単ん切り替わってしまいます。

うつ状態のときはじっとしていることが多いですから、まだ周囲に迷惑をかけることはありません。しかし、躁うつ病などに発展すると躁状態のときはとにかく他動かつ活発になりますから、自由奔放すぎる恋愛に走ったり、尋常ではない買い物をしたり、暴言をはいたり、あまり遊ばない人間関係の人に連絡をしまくったりすることもあります。躁の状態に触れる幅が大きければ大きいほどにうつ状態もしくは本人の元通りのレベルに戻ったときのダメージが大きくなってしまいます。
ですからうつ病だけでなく躁うつ病にも注意し、家族や友人や病院の協力を得ながら治療する必要があるのです。