投薬治療と種類

うつ病治療には、多くの場合投薬が行なわれます。
うつ病の症状に効果的な薬というのはたくさんあります。同じような効果をもたらす薬の種類も多く、その人の症状に合わせて処方されることとなります。
多くの場合は、一度に複数種類の薬が処方されます。薬によって服用するタイミングや服用する期間は違ってきます。

ここでは、うつ病治療で処方される主な薬について紹介します。

・抗うつ剤
抗うつ剤というのは、抗うつ症状を緩和させる役割があります。抗うつ症状になるのは、脳内の神経伝達がうまく出来ていないからです。薬を服用することで、抑うつ気分や焦燥感などを起こさせないようにします。

・抗不安剤
不安を感じさせないようにする薬です。うつ病になると、わけもなく不安になる、過剰に不安になってしまうといった症状が起こります。不安になることが多いといった患者に処方されます。

・睡眠薬
うつ病になると、身体的な症状で睡眠障害が起こることが多いです。ベッドに入っても眠れない、眠りが浅い、すぐに目覚めるといった睡眠障害がある人に処方されます。

こうした薬が主に処方されることとなります。
ただ、処方される薬の全てに即効性があるというわけではありません。そのため、医師の指示がない限りは服用を中断してはいけません。服用を中断してしまうと効果が現れるまでの期間が長くなってしまいますし、さらに症状が悪化してしまうおそれがあります。

薬の種類によっては副作用が現れますので、副作用が辛い場合には医師に相談しましょう。処方している薬を変更してくれます。